聞ききるという選択肢

できごと

どうも、こんこん系弁理士の荒井です。

事業をやっていると営業の電話がかかってくるなんて日常茶飯事です。ああいうセールス電話は結論を言わず、何か外堀から埋めてくる感じで話してきますよね。

聞いているうちにだんだんわかってきて、「それは結構です」となるのですが、先日は分かってきても最後まで聞ききってみました。向こうもこちらに質問することなく、延々と話してきます。いつもならそれを制して止めちゃうんですが、やめません。聞ききる。侍ですね。よく分かりませんが(笑)

そして大抵でてくる「これって、無いよりはいいですよね?」的な質問。やっと質問きました。ここに来るまで何分かかったことか。何かパソコン使って検索までさせられましたよ。

質問が来たので今度はこちらが答えないといけません。ここで「聞ききる」を作動させても無駄ですし。

で、無いよりはいいというか無い方がいいという理由をこんこんと説明し、双方納得して終わりました。

でもなんだろう。この胸のつっかえは・・・(笑)


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!


 

関連記事一覧

人気の投稿

月毎に表示

カテゴリ