外国郵便創業の局

できごと

どうも、外国郵便はいつも緊張する系の弁理士荒井です。

かもめ特許事務所から程なく近い「横浜港郵便局」。このブログでも登場したことがありますね。

https://araipat.com/2016/06/23/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%97/

何気なくふと見上げると、こんな看板が。

ここは外国郵便が始まった局だそうです。最初は外国郵便のやりとりは在日外国郵便局が取り扱っていたそうです。まずはアメリカとの条約を締結し、この郵便局(旧横浜郵便局)から外国への直接郵便が可能になったようですね。その後イギリス、フランスの郵便局も撤退し、完全に外国郵便は日本政府の所管となったということです。

いやいや、結構通ったけど全然見てませんでしたよ。この看板。

別に平日の昼間から町をうろうろしているわけじゃないんです。ちゃんと歴史を学んでいるんです(違う)。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!


 

関連記事一覧

人気の投稿

月毎に表示

カテゴリ