謎の路肩

できごと

私が通勤に利用している中原街道、こないだのブログでは路肩が狭いと書きましたが、これが都内に入るとなぜか路肩が広い箇所があります。つまり、通常2車線の幅なのですが、2.5車線くらいあるところがあります。
こんな感じ
IMG_0897.JPG
これはものすごい自転車に優しいのです。自転車専用レーンよりこっちの方が広くていいかも!なんて思っていたのですが、これだけ広いとこんな風に駐車されちゃうんです。。。
IMG_0906 (1).JPG
こうなると逆に危ないんですよね。ジテツウも結構命がけです。
まあそれでも0.5車線分の路肩を走るのは快適です。シャーシャー言いながら走ってます。
ところがぎっちょん!
この0.5車線、突然なくなるのです!
いきなり車線がかくって曲がって消えちゃうんです。
こんな感じです。
IMG_0896.JPG
これ別に左に曲がる道があるわけでもないんです。なんでこんなことになっているのでしょうか。
こうして忽然と消えたかと思うと、またいつの間にか復活し、そしてまた忽然と消えます。
ほらまた
IMG_0903 (1).JPG
これは結構角度がえげつないタイプです。
とりあえず路幅が広い部分だけ路肩を広くとったのでしょうか。そして幅が狭くなると突然車線が消えるのもなんだから、とりあえずカクッと曲げといたとか(笑)
なんにせよ、0.5車線幅はありがたく使わせてもらっています。なくならないことを祈ります。

 

武蔵小杉が走りやすくなった

関連記事一覧

月毎に表示

カテゴリ