WIPO? 詐欺?

知財情報

昨今のPCTやマドプロセミナー等に行くと必ず最後に講師の方が詐欺について説明します。
WIPOやそれに類するような名称にて出願人宛に請求書が届くというのです。
先日とうとう私のクライアントのところにもきてしまいました。。。
しかも「WIPT」と「WPTI」というところから2通も!
これ、なんの略かとても気になりませんか?
一通のほうは単に「WIPT」と記載があったのみで、正式名称っぽいのはありませんでした。
しかしもう一通は、、、World Patent Trademark ときて、最後の「I」はINDEXです。
索引?兆し?(兆しだったら少しおもしろいけど)

とにかくWIPOでもこのような通知は悪徳慣行として注意喚起を施しているようです。
ご注意ください:WIPO国際事務局以外の者からの手数料請求書について
上記リンク先にあるような通知がきても絶対に振り込んではいけません。ものすごい勢いで振り込みを催促した文章です。
内容はとてもそれっぽいので代理人を通していない場合ですと支払ってしまうかもしれません。実際支払った方もいるとこないだWIPOの方が言っていましたし。
出願番号や公開番号、発明の名称までぴったし合ってます。ものすごい本物っぽいです。
このような通知を受けた場合はお近くの弁理士にご相談を。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!


関連記事一覧

人気の投稿

月毎に表示

カテゴリ