特許があればお金を借りられる

知財情報

少し前の情報ですが、中小企業の”知財”を評価し融資につなげる「知財金融促進事業」ということで特許庁が知財金融ポータルサイトを作成しました。
特許等の知的財産は無体財産、頭の中のアイディアを財産の対象としています。財産というからには人にあげることができたり、相続することができたり、それは色々できるのが原則です。
しかしその特許が一体いくらなのか、いくらの価値があるのかは結構判断が難しいものがあります。ですのでよく分からないと言って特許出願を敬遠されている企業も多かったのではないでしょうか。実際私のところに相談にいらっしゃる方もそこが一番気になってる人が多いです。
特許とったところで何になるか分からない、でも真似だけはされたくない、だから真似されたくないという一心だけで特許出願するという感じでしょうか。
特許にだっていろいろ活用の仕方はあるのですが、今回のポータルサイトはその中の一つ、特許でお金を借りられるんだということに焦点が当たったものだと思います。
銀行だって特許の専門家ではないですから、その特許にどれくらいの価値があるのか分かりません。だけれどもすごい特許を持っている企業にはたくさん融資して、そこからたくさん返してもらいたいという要望はあると思います。そこで今回のポータルサイトではそのような金融機関に特許の価値を教えてあげ、その特許を基にお金を借りたい中小企業の要望にも応えることができるようになっています。
知的財産は紛れもなく財産権なんだということを金融という観点から周知させていこうという今回の施策。こういう施策はどんどんやって欲しいです。もっと特許が認知されていけばいいと思っています。それに伴い、これを扱うのは弁理士なのだと、弁理士自体のアピールも遅れてはいけないですよね。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!


関連記事一覧

人気の投稿

月毎に表示

カテゴリ